Posts in the Category: 嶺北・土佐町

2月
18

田舎ラボ写真教室

posted on 2月 18th 2017 in 嶺北・土佐町 with 0 Comments

16587240_1430790490299154_1353287701929276878_o

 

2/12、NPO田舎暮らしネットワークにて「田舎ラボ写真教室」やりました。

思った以上にみなさん来ていただいて、写真の基礎の基礎を覚えたい人って意外といるんだなあという感想です。

以下、写真教室のために作成した資料。説明がないとよくわからないと思いますが、あげときます。

こんな記事も読まれています

本文を読む
2月
18

未来を撮る 1

posted on 2月 18th 2017 in 嶺北・土佐町 with 0 Comments

2016年の8月末に千葉から土佐町に引っ越してきたので、もう直ぐ高知での暮らしも半年になる。

この半年の間はなかなか落ち着いてここに文章を書く余裕もなく(やろうと思えばできたんだろうけど)、写真や動画を何かしらの形にした時に報告のような書き込みばかりになっちゃいました。

もう少し時間を見つけてここにも書かねば。と本日思った次第です。

 

繰り返しになるがこちらに来て半年になる。嶺北・土佐町の暮らしはとても面白く感じる。僕自身がこの場所に惹かれてここまで来た理由も、少しずつわかるようになってきた。僕がすべきことも。

 

Cinema Tosacho | Fall 2016 from Takuya Ishikawa on Vimeo.

 

上の動画は以前ここで発表した「キネマ土佐町」(現在、冬編を作っています)。

僕の表現したいものがここにあると僕自身思っている。

もしかしたらそれは勘違いされやすいかもしれない。映っているのは田舎の風景、田舎の人々。「キネマ土佐町」は土佐町のPR動画として作成されたのだが、僕は決してそれだけのために作ったのではない。

大げさに聞こえるのを承知で書くと、ここに映っているものを僕は未来だと考えている。 つづく

 

 

こんな記事も読まれています

本文を読む

1月
24

土佐町ポストカードプロジェクト Vol.2

posted on 1月 24th 2017 in 嶺北・土佐町 with 0 Comments

s_B1A1148

 

 

土佐町の風景をひと月に1枚ポストカードにする[土佐町ポストカードプロジェクト]

第2弾ができました!陣ヶ森の雲海です。

役場玄関・道の駅さめうら等で配布中です。

土佐町の方はぜひ町外の友人に送ってください。
町外の友だちは住所をメッセージでくれたら送ります(ただし石川が書き込みますがそれでもよければ笑)

宛名面デザイン: 品川 美歩 (Miho Shinagawa)

[Tosacho Postcard Project]

Tosacho is a small town where I live, between …

本文を読む
12月
12

土佐町ポストカードプロジェクト

posted on 12月 12th 2016 in 嶺北・土佐町 with 0 Comments

f_b1a8242

土佐町の風景をひと月に1枚ポストカードにします。
第1弾は月に照らされたアメガエリの滝(瀬戸川渓谷)。
役場玄関・道の駅さめうら等で配布中!

土佐町の方はぜひ町外の友人に送ってください。
町外の友だちは住所をメッセージでくれたら送ります(ただし石川が書き込みますがそれでもよければ笑)

宛名面デザイン: 品川 美歩 (Miho Shinagawa)

[Tosacho Postcard Project]

We start a new photo project named Tosacho Postcard Project.
In …

本文を読む
10月
12

時間と循環について

posted on 10月 12th 2016 in 嶺北・土佐町 with 0 Comments

shika3f_b1a1995

嶺北の猟師からもらった鹿肉

 

インドでは時間のことを神格化して「カーラ」と呼ぶ。

カーラは時間そのものでもあるし、時間を司る神の名でもある。

どちらにせよ、その存在は「何者をもってしても打ち負かせない最強の存在」としてバラモン教の多くの神話や聖典に記述されている。

時間こそが最強の存在なのだ、と。

こんな記事も読まれています


西村勇紀「夜の向こう」


ダムに沈んだ村


全ての人間と動物の命は植物のためにある


15年目

本文を読む
10月
04

全ての人間と動物の命は植物のためにある

posted on 10月 4th 2016 in 嶺北・土佐町 & 未来の話 with 0 Comments

f_b1a2271

「全ての人間と動物の命は植物のためにある」

このままの言葉ではなかったと思うが、ある詩人が言っていたこと。詩人の名前は今では記憶にない。

人間が物事を考えるときの時間の単位はさまざまで、明日のこと、来週のこと、1年、10年後のこと、頭の中では自由に焦点を変えることができる。

こんな記事も読まれています

本文を読む