Posts Tagged with: オリッサ

1月
22

ニヤムギリの丘からの帰り道 | オリッサ・インド

posted on 1月 22nd 2014 in インド with 0 Comments

これはまだ オリッサにいたときの 写真

ニヤムギリの丘を 登った帰り道

トライバル・エリア(少数部族の土地)をいくつも 通り過ぎました

少数部族として 生まれて生きる 

ということは 一体どういうことなのか 気になっています

ニヤムギリの丘 | Niyamgiri Hills” で書いたとおり 

ドングリア・コンドの人々は

8000人ほどの人口しかいない とても小さな一部族だけれど

「自分たちの土地の将来は 自分たちが決める」

と誇り高く 戦いに挑み

見事に 金にモノを言わす大企業に 勝ってしまった わけです

考えてみれば これはきっと 世界中で起こっている現実の ひとつの縮図

なぜ沖縄の将来を 沖縄の人間が 決定できないか?

これまでの 原発建設地は?

これからの 原発の取り扱いは?

そんな単純な 話じゃないよ とか言う声も 聞こえてくる

そう言う人はきっと

ニヤムギリの丘に登っても

そんな単純な 話じゃないよ って言うんだろうな

話、脱線しましたね 

こんな記事も読まれています


ニヤムギリの丘 | Niyamgiri Hills

本文を読む

1月
20

ニヤムギリの丘 | Niyamgiri Hills

posted on 1月 20th 2014 in インド with 2 Comments

ニヤムギリには 少なくとも数百年の昔から

コンド族という部族が 棲んでいる

ニヤムギリの丘の麓で 農耕と牧畜で暮らしを立て 

自然に寄り添って生きている

ニヤムギリの丘は 彼らの神が棲む山だ

コンド族にとっては 信仰の中心に聳える 

神聖な山だ

一方 イギリスの 巨大資源採掘企業ヴェダンタ(VEDANTA)は 

この土地を 詳細に調査した

そして アルミニウムの原料となる ボーキサイトが

地下で豊富に 眠っていることを 知った

ヴェダンタは 採掘場を この地に作り 

巨大なビジネスを 開始しようとした

今から 10年ほど 前のこと

そのために ヴェダンタは コンド族の人々に 持ちかけた

代わりに学校や 病院を作ろう

お金も入るし 何も持たない 今の暮らしより よっぽど豊かになるだろう と

コンド族のうちの一村

ドングリア・コンドは はっきりと 反対した

今のままで良い 学校も病院も要らない 

私たちは いくつも前の世代から 

現在まで 同じように生きてきた

自然も 山も 遥か昔から 変わらない

人間の 暮らしも 変わる必要は ない

ヴェダンタは ニヤムギリの 広大な土地を 柵で囲い 

コンドの人々を 閉め出した

ドングリア・コンドは この巨大な世界的企業と 戦うことに 決めた

コンド族の12の部族が 全てドングリア・コンドの 

味方についた

インド国内及び海外の 数多くの活動家や組織が 

直接的にも間接的にも コンドを支援した

インド中央政府の 政治家も コンド族の戦いに

理解を示すものが現れはじめた

メディアも この戦いを

「リアル・アバター」と 映画になぞらえ 報道した

そしてついに 環境省副大臣が コンドのために 

共に戦うことを 約束した

2014年1月13日は コンド族にとって 

大きな勝利の 記念日になった

インド最高裁は 全面的にコンド族の訴えを 認め 

ニヤムギリでの ヴェダンタの 採掘開発を却下する 

判決を下した

コンド族という わずか8000人の 少数部族が 

世界的大企業を 相手に完全な勝利を 収めた瞬間だった

学校も病院も 持たない小さな人々が 

「ある土地の将来は、そこに住む人間が決定する」 

という 当然の権利を 求めて大資本に 勝利した

それは 小さな人々が 

起こした 大きな 奇跡だった

A: Niyamgiri Hills

ニヤムギリの丘は

権力を持たない 全ての人々にとって

権力と戦う 全ての人々にとって

歩く道を 照らす灯火に なる

と僕は 思うのです

こんな記事も読まれています


おいしいチャイの作り方 | カロールの家庭編


LEICA M6 in INDIA

本文を読む

1月
19

With The Head Lights | Odisha, India 2

posted on 1月 19th 2014 in With The Head Lights & インド with 0 Comments

いくつもの村を通り過ぎ、日が昇ってからまた沈んで

車は少しずつニヤムギリに近づいて行く。

ニヤムギリの丘に棲むというその神が

僕を受け入れてくれるのか、それはまだわからない。

The car passed through so many villages, getting slowly close to Niyamgiri.

Sun rose and again sank. 

At this moment I’s not …

本文を読む
1月
18

With The Head Lights | Odisha, India

posted on 1月 18th 2014 in With The Head Lights & インド with 0 Comments

 

 

 

 

 

 

 

オリッサ州にはコンド族と呼ばれる少数部族がいる。

コンドの人々はニヤムギリの丘という地を「神の棲む山」として古来から崇拝しているという。

ニヤムギリに向かって夜を徹して車を走らせた。

In Odisha, there is a tribe called Kondh.

People of Kondh worship a place named “Niyamgiri Hills” as a mountain of …

本文を読む
1月
17

村人全員が芸術家! | ラグラジプール芸術村 2

posted on 1月 17th 2014 in インド with 0 Comments

 

前回「村人全員が芸術家! | ラグラジプール芸術村」の続きです。

ラグラジプールでは他にも多くの工芸品を作っています。

下の写真は、ヤシの葉を削って一枚の絵画にしたもの。

 

この絵柄はガネーシャ

上のような針でヤシの葉に絵柄を描いていき、煤(すす)を水で溶いた液体を刷り込むと、削った部分だけに色が着きます。

 

表向きはヴィシュヌ神の10度の転生の姿を描いたもの。

それをめくるとカーマ・スートラの絵柄が。カーマ・スートラは古代の性技(体位?)を描いた解説書。

 

この村では16才から両親が技術を教えはじめるそうです。男性も女性も、一家総出といった感じで制作しています。

少し話はずれますが、これがこの村での出生届兼身分証明書。生年月日や名前や住所などが刻まれているそうです。

置物なんかも作っていました。面白くてついついいろいろ買ってしまいました。

こんな記事も読まれています


村人全員が芸術家! | ラグラジプール芸術村


インドの占星術!? | いやこれって動物占い?

  • Bus me too. Graphics
  • Ishikawa Takuya Photography
  • カテゴリー

    Busmetoo.Graphics

    Follow me

    follow us in feedly

    石川拓也

    千葉県生まれ。写真家。大学を入学2ヶ月にして中退し、放浪の旅に出る。徹底した貧乏旅行だったが、アジア、東西アフリカ、ヨーロッパを約一年半かけて縦横無尽に駆け回る。資金が尽きイギリスでひと夏のバイト生活。その後東ヨーロッパを経て1996年よりアメリカ・ニューヨークに住み始める。アメリカでの生活は7年に及び、911同時多発テロを現地で経験する。2002年帰国。以来数多くの雑誌や広告、映画ポスターなどの撮影を手がける。2012年あたりから地方や海外にいる期間が長くなり、自分が一体どこに住んでいるのか不明な状態が続く。かっこよく言えばノマド。実態は住所不定。2015年スペイン・イビサ島在住。湯布院・高知・インド・スペインあたりにしばしば出没する。2016年8月より高知県・土佐町に移住。