Posts Tagged with: バイク

2月
02

ロイヤル・エンフィールドという名のインドのバイク | Royal Enfield

posted on 2月 2nd 2014 in インド with 0 Comments

 

Royal Enfield それはインド国産バイク

 

カルカッタ

 

ロイヤル・エンフィールド(Royal Enfield)という名のバイク、日本ではあまり馴染みがないですが、インドではけっこうふつうに走っています。バイク20台のうち1台がロイヤル・エンフィールドというぐらいの頻度。

これがなかなかカッコよく、古き良きクラシックバイクの良さを今も守っているのです。

 

 

持ち主のひとりが教えてくれたところによると。

ロイヤル・エンフィールドはインドの国産バイク
1800年代イギリスで生まれたバイクメーカー
1955年に子会社エンフィールド・インディアを設立
チェンナイに生産拠点を移す
その後イギリスの本社は倒産
インドの支社(というか生産部門)をインド人が買い取り、現在に至るのだそうです

ということはやはり、トライアンフ(Triunph)にも通じる英国クラシックの系譜です。

 

 

プリーで見つけた一台。ジロジロ見ていたら持ち主が出てきてキーを渡された。「そんなに興味あるなら乗ってひと周りしてこい」そのまま試乗させてもらった。

好き嫌いはともかく、インドらしいといえばインドらしい

インドのバイクにはジャガーが乗っている

上はアーメダバードの旧市街で見つけた1台。

そのまま映画「大脱走」に出てきそうです。

そういえばあの映画でスティーブ・マックイーンが乗り回していたのはトライアンフです。

なんとなく外車がかっこいいと感じるのはインド人も日本人も同じようで、ホンダ(HIRO HONDA)やカワサキ(KAWASAKI)が圧倒的に支持されているようですが、個人的には日本車にもアメ車にもない魅力をロイヤル・エンフィールドに感じます。

ジャイプールで出会ったスウェーデン人のロビンが、デリーのマーケットで買った1台でインドを1周すると意気込んで出て行きました。

2週間後メールしてみると、「バスにハネられた」と。

なかなかな大破具合だったそうですが、その割には修理代金は安かったらしいです。10000ルピー=¥17,000ぐらいで、ホンダやカワサキだったらこの倍にはなっていたそうです。構造が信じられないくらい単純にできているみたいです。

いつの日か、カーキのロイヤル・エンフィールドに乗って、インドを1周してみたいと思うのでした。カーキがいいですね。

 

 

The Motorcycle Classics vol.5―大人のためのプレミアムモーターサイクルマガジン (ヤエスメディアムック323)

posted with …

本文を読む
1月
17

村人全員が芸術家! | ラグラジプール芸術村 2

posted on 1月 17th 2014 in インド with 0 Comments

 

前回「村人全員が芸術家! | ラグラジプール芸術村」の続きです。

ラグラジプールでは他にも多くの工芸品を作っています。

下の写真は、ヤシの葉を削って一枚の絵画にしたもの。

 

この絵柄はガネーシャ

上のような針でヤシの葉に絵柄を描いていき、煤(すす)を水で溶いた液体を刷り込むと、削った部分だけに色が着きます。

 

表向きはヴィシュヌ神の10度の転生の姿を描いたもの。

それをめくるとカーマ・スートラの絵柄が。カーマ・スートラは古代の性技(体位?)を描いた解説書。

 

この村では16才から両親が技術を教えはじめるそうです。男性も女性も、一家総出といった感じで制作しています。

少し話はずれますが、これがこの村での出生届兼身分証明書。生年月日や名前や住所などが刻まれているそうです。

置物なんかも作っていました。面白くてついついいろいろ買ってしまいました。

こんな記事も読まれています


村人全員が芸術家! | ラグラジプール芸術村


インドの占星術!? | いやこれって動物占い?

  • Bus me too. Graphics
  • Ishikawa Takuya Photography
  • カテゴリー

    Busmetoo.Graphics

    Follow me

    follow us in feedly

    石川拓也

    千葉県生まれ。写真家。大学を入学2ヶ月にして中退し、放浪の旅に出る。徹底した貧乏旅行だったが、アジア、東西アフリカ、ヨーロッパを約一年半かけて縦横無尽に駆け回る。資金が尽きイギリスでひと夏のバイト生活。その後東ヨーロッパを経て1996年よりアメリカ・ニューヨークに住み始める。アメリカでの生活は7年に及び、911同時多発テロを現地で経験する。2002年帰国。以来数多くの雑誌や広告、映画ポスターなどの撮影を手がける。2012年あたりから地方や海外にいる期間が長くなり、自分が一体どこに住んでいるのか不明な状態が続く。かっこよく言えばノマド。実態は住所不定。2015年スペイン・イビサ島在住。湯布院・高知・インド・スペインあたりにしばしば出没する。2016年8月より高知県・土佐町に移住。