2月
02

ロイヤル・エンフィールドという名のインドのバイク | Royal Enfield

posted on 2月 2nd 2014 in インド with 0 Comments

 

Royal Enfield それはインド国産バイク

 

a0113-425fb

カルカッタ

 

ロイヤル・エンフィールド(Royal Enfield)という名のバイク、日本ではあまり馴染みがないですが、インドではけっこうふつうに走っています。バイク20台のうち1台がロイヤル・エンフィールドというぐらいの頻度。

これがなかなかカッコよく、古き良きクラシックバイクの良さを今も守っているのです。

 

a0113-429fb

 

持ち主のひとりが教えてくれたところによると。

  • ロイヤル・エンフィールドはインドの国産バイク
  • 1800年代イギリスで生まれたバイクメーカー
  • 1955年に子会社エンフィールド・インディアを設立
  • チェンナイに生産拠点を移す
  • その後イギリスの本社は倒産
  • インドの支社(というか生産部門)をインド人が買い取り、現在に至るのだそうです

ということはやはり、トライアンフ(Triunph)にも通じる英国クラシックの系譜です。

 

 

a0113-53fb

プリーで見つけた一台。ジロジロ見ていたら持ち主が出てきてキーを渡された。「そんなに興味あるなら乗ってひと周りしてこい」そのまま試乗させてもらった。

a0113-58fb

好き嫌いはともかく、インドらしいといえばインドらしい

a0107-51fb

a0107-52fb

a0110-293fb

a0111-22fb

a0113-60fb

インドのバイクにはジャガーが乗っている

a0116-478fb

a0116-479fbs

a0131-568fb

a0131-575fb

上はアーメダバードの旧市街で見つけた1台。

そのまま映画「大脱走」に出てきそうです。

そういえばあの映画でスティーブ・マックイーンが乗り回していたのはトライアンフです。

なんとなく外車がかっこいいと感じるのはインド人も日本人も同じようで、ホンダ(HIRO HONDA)やカワサキ(KAWASAKI)が圧倒的に支持されているようですが、個人的には日本車にもアメ車にもない魅力をロイヤル・エンフィールドに感じます。

ジャイプールで出会ったスウェーデン人のロビンが、デリーのマーケットで買った1台でインドを1周すると意気込んで出て行きました。

2週間後メールしてみると、「バスにハネられた」と。

なかなかな大破具合だったそうですが、その割には修理代金は安かったらしいです。10000ルピー=¥17,000ぐらいで、ホンダやカワサキだったらこの倍にはなっていたそうです。構造が信じられないくらい単純にできているみたいです。

いつの日か、カーキのロイヤル・エンフィールドに乗って、インドを1周してみたいと思うのでした。カーキがいいですね。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

写真家 ニューヨークの街角に建つニューススタンドを1996年〜2004年まで撮影した写真集「Rao's Newsstand」を発表。ウェブサイトBus me too.Graphicsにて販売中。  

Loading Facebook Comments ...

コメントはここから