Posts in the Category: 旅の記憶

11月
18

インド!インド!インド!

posted on 11月 18th 2016 in 旅の記憶 with 0 Comments

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-8-43-00

 

インドの写真と文章の新聞連載をやっています。

通信社とのお仕事なので、具体的にどの新聞でやっているのかは未確認なのですが、今のところは高知新聞(!)と山陰中央新報で進行中です。

もしかしたら他の地方紙でも進行しているかもしれないので、見つけたらご一報ください笑

こんな記事も読まれています

本文を読む
4月
30

What a sustainable life it is. |高知・土佐町

posted on 4月 30th 2016 in 由布院・高知・淡路島 with 0 Comments

f_B1A2200s

 

 

先週の高知〜神戸の旅。高知・土佐町で築100年以上の古民家を手直しして住む綿貫さん一家の暮らし。

水は山から、料理はかまど、車は天ぷら油で動く天ぷらカー。

こんな記事も読まれています


Instagram Image


Instagram Image


「70年代って何だ?」45周年を迎えるロックバー”Full House”の記念本を作りたい!!


戦争のつくりかた 絵本を元に作られたアニメが今の世の中を表している


停電の夜に


おいしいチャイの作り方 | カロールの家庭編


インドの妹、インドの弟


あけましておめでとうございます

本文を読む
3月
15

新幹線だけじゃなかったインドと日本のつながり

posted on 3月 15th 2016 in インド with 0 Comments

新幹線、インド走るってよhttp://ishikawatakuya.com/wordpress/archives/7957今日目に飛び込んできたニュース。インド、新幹線を採用 首脳会談で合意へ  :日本経済新聞    なんかすごく納得してしまいました。というより、やっと決まったか、といった印象ですかね。というのも「日本の新幹線」ってインド人は大好き。… ishikawatakuya.com 

新幹線がインドを走るというニュースを聞き、以前このような記事を書いたことがあります。

僕が何度も訪れているアーメダバードという都市とデリーが新幹線で結ばれる。

こんな記事も読まれています


戦争のつくりかた 絵本を元に作られたアニメが今の世の中を表している


フォントを追加する方法 Photoshop / Illustrator

本文を読む

3月
08

淡路のジョンさん

posted on 3月 8th 2016 in 由布院・高知・淡路島 with 2 Comments

sf_B1A6857

 

 

 

日本古来の種(在来種)での農を進めているジョン・ムーアさんのアトリエに久しぶりに行った。

淡路島。

こんな記事も読まれています


高知というところ


戦争のつくりかた 絵本を元に作られたアニメが今の世の中を表している


フォントを追加する方法 Photoshop / Illustrator

本文を読む

2月
25

塩は生き物! 田野屋塩二郎が作る塩 

posted on 2月 25th 2016 in 由布院・高知・淡路島 with 1 Comments

sf_B1A6928

 

 

 

 

 

先週また高知へ行ってきました。

田野の海で塩を作る田野屋塩二郎(たのや・えんじろう)さんの塩小屋へ。

トレーひとつずつに異なった味の塩を作っています。

塩二郎さんの塩は火を使わず、海水を天日干しにして濃度を高めていき、結晶させるという気の長い方法。

4ヶ月かけて海水から塩を作るのですが、本当はもっと時間を、8ヶ月とか10ヶ月をかけたいそうです。

 

そういう言葉を聞いていてムクムクと僕の中で起き上がってくる感情が。

自分の環境も含めて、ものづくりはどんどんサイクルが早くなっている…。

以前フィルムで写真を撮っていた頃は、フィルムを現像して暗室に籠って、とそれなりに時間がかかっていたのですが、デジタル化した現在では撮ったその数時間後に仕上げていたりもします。

スピード化するのが当たり前になってきていて、その分こぼれ落ちていくものが増えているとも感じます。

 

そういう意味で、塩二郎さんのこの場所は、前のめりに走っている僕に「少し立ち止まろう」と考えるきっかけをくれているような気がします。

 

こんな記事も読まれています


田野屋塩二郎さんのこと

本文を読む